車 バイク 自動車動画、レース 事故 クラッシュ
車・バイク・自動車動画、レース 事故、クラッシュ動画などをYouTubeなどよりピックアップして紹介しています。

フェラーリ・ポルシェ・ランボルギーニ
スーパーカー動画 [ Enter ]

ゼロヨン・ドリフト動画 [ Enter ]
バイク・オートバイ [ Enter ]


カー用品のオートバックス


最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


月別アーカイブ


RSSフィード


プロフィール

Aさん

Author:Aさん
車、バイク、モータースポーツ大好きです。現在の愛車はこちら、10年のお付き合いです。
最近は964ボディーのポルシェのオープンカーが欲しくてたまりません。
オープンにして、かわいい女の子を乗せてゆっくり走るのが夢です。
更新頑張りますんでランキングへの投票をお願いいたしますm(__)m


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



車の話題・その他 (13) コンテスト・トライアル競技 (1) 24時間耐久レースなど (2) マナーが悪い・クレイジー系 (1) 動物・ペットと車 (1) 雑記・サイト情報 (3) 自動車事故・レースクラッシュ(ラリー以外) (38) 事件・ニュース・新車情報 (16) F1・フォーミュラ1・クラッシュ (9) ラリー・WRC・クラッシュ (48) ドリフト・パフォーマンス (18) ゼロヨン・ドラッグレース (8) 最高速 (12) GTレース・サーキット走行 (22) バイク・オートバイ (24) スーパーカー・試乗・インプレッション (42) 公道レース・峠 (9) 改造車・チューニングカー (8) テレビCM・プロモーションビデオ・映画 (79) レースクイーン・女の子 (7) 車にまつわる怖い話・オカルト (7) にやり・笑える・爆笑映像 (64) ツーリングレポート・ミーティング (3) エンジンサウンド・その他音重視 (14) 1対1 タイマン勝負 [ゼロヨン・ドラッグ以外] (20) ジムカーナ (1) タイムアタック (2) 神業・運転テクニック・びっくり (10) オフロード車・ダート・オフロード走行 (18) バイク・自動車ゲーム (3) 車の実験・ドキュメンタリー (17) クラシックカー・旧車 (2) 試乗・インプレッション (5) ラジコン・オモチャ (2) 交通事故・クラッシュ[レース以外] (21) スーパーカー (1) 
スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


⇒ 自動車の最新ニュース、車動画をもっと見る
自動車&バイクの動画をもっと見る ⇒

--年--月--日 | スポンサーサイト
ルマン1999年 トヨタ GT ONE TS020 GTレース・サーキット走行



1999年トヨタがルマン24で勝つために投入したマシン、トヨタGT ONE TS020のオンボード映像、ドライバーは片山右京。真ん中の動画は車近影、一番下は2006年のフジテレビのF1イベントでお台場を爆走したときの映像(撮影下手すぎる笑)。
トヨタGT ONE TS020のエンジンはV8ツインターボ 3600cc 推定600ps程度。ルマンで勝つため徹底的に性能を追求するあまり、整備性が悪かったらしく壊れたら直すのに苦労したようだ。初陣は1998年となる。性能を追求しただけあって、スタート直後は物凄い速さを見せたが、懸念されていたトランスミッションのトラブルに悩まされ、3台中、完走は1台のみ総合9位。
そして、この動画の1999年の再挑戦となる。各部を改良し万全体制でLMGTPクラスに3台を投入。またしても、スタート直後は爆発的な速さを見せ付けるが本命の1号車、2号車はトラブルでリタイヤ。
そして、メカニックをはじめ、サポート陣は片山右京、鈴木利男、土屋圭市らの3号車に全力を投入することになる。その甲斐あってか、驚異的な追い上げでゴール一時間前には総合トップを走るBMW V12 LMRに22秒差まで追いついたが、なんと330km/hも出るストレートでタイヤバースト。この高速域からだとスピンは当たり前、下手をするとコースアウト、即クラッシュとなるが、片山右京の奇跡的なマシンコントロールによりなんとかリタイヤは免れた[動画最後のシーン]。これがかなりのタイムロスで総合2位、惜しくも掴み掛かった優勝は逃してしまった。
この動画はここで終わるのだが、壮絶なのはこの後のシーン、片山右京がリアタイヤを失ったマシンをサービスピットまで走らせる姿に感動を覚えた人は多いと思う。片山頑張れ!! トヨタGT ONE TS020よなんとか持ちこたえて帰ってきてくれ!! すべての日本のモータースポーツファンが祈ったはずだ。
タイヤバーストがなかったらと考えると、非常に悔しいが、片山右京とトヨタ GT ONE TS020がピットに戻ってきた時の感動は今でも忘れられない。そして総合2位となると手放しで喜ぶべきだ。
ちなみに、日産も同時期にR390やR391といった同じようなマシンを投入し、優勝を狙っていた。こちらは、爆発力は見せなかったものの全車が入賞を果たすなど安定的な速さを見せ付けた。
関連記事
(0)

⇒ 自動車の最新ニュース、車動画をもっと見る
自動車&バイクの動画をもっと見る ⇒

この記事へのコメント

コメントフォーム














管理者にだけ表示を許可する


この記事へのトラックバック
トラックバックURL
→http://cardouga.blog51.fc2.com/tb.php/462-5f97023d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
ブログ内検索


ページ内 検索


ページナビ

ホーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 全表示



スーパーカー・ショップ

最近のコメント

コメントお待ちしております。


リンク

自動車、バイク関係のみ相互リンク募集中です。 リンクに追加する - FC2









カウンター
rpm
km
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。